2019年2月23日土曜日

ASV 説明会

土曜日恒例の医局勉強会が行われ、その中で Adaptive Support Ventilation の説明会がありました。

Hamilton G5 は日常的に使っている人工呼吸器ですが、ASV に関して詳しく説明を聞いたのは初めてで、とても勉強になりました。

特にウィーニングから SBT を実施するプロセスについては、ドレーゲル社のスマート・ケアと異なり調節呼吸から実施が可能なようで、人手をかけないという点ではとても優れているように感じました。

2019年2月11日月曜日

日本を変えた千の技術博

明治150年記念・日本を変えた千の技術博を観に、上野・国立科学博物館に行ってきました。
車や電気釜、計算機、ロータリーエンジンなど、まさに日本の社会を変えたモノをたくさん見ることができました。

医学のコーナーもあり、その中には医学教育の始まりについても触れられており、東京大学と並んで佐倉順天堂が大きな役割を果たしていることが示されていました。
そこでは、特に順天堂第3代堂主・佐藤進先生の働きが強調されていました。

ほかに J 大学関連としては、外科・和賀井敏夫教授が開発した試作超音波断層診断装置1号が展示されていました。
エコーによる診断学の黎明期に貢献したわけですから、ものすごい業績です。

あと、ついこの前まで使っていたポケベルがすでに展示されていたことに、衝撃を受けました。
医科歯科在職時は一時期、個人のポケベルを持たされており、なぜか当直医は新旧2つのポケベルを持たされ、管理当直用のポケベルの合わせて最大4個のポケベルをポケットに入れて麻酔をしていたことが、ついこの間のことのように思い出されます。

2019年2月2日土曜日

老年麻酔学会

日本老年麻酔学会ががん研有明病院で行われ、9時からの専門医講習(リフレッシャーコースセミナー)を担当させていただいた。

ふだんからがん研有明病院にはたびたび行っているが、吉田記念講堂に入ったのは初めてだった。

専門医講習では専門医取得前の若いドクターばかりだと想定していたのだが、実際には超ベテラン麻酔科医ばかりで、逆に圧倒されてしまった。



2019年1月27日日曜日

周術期セミナー

今年も六本木アカデミーヒルズ 49 にて、周術期セミナー~高リスク患者の周術期管理を考える~が開催されました。

今年は私は「呼吸器疾患患者の周術期管理」を担当させていただきました。
おいで下さったみなさま、ありがとうありがとうございました。

天気が良かったということもあり、高いビルから眺める富士山は最高にきれいでした。

2019年1月26日土曜日

第3回食道周術期管理セミナー

がん研有明病院の外科の先生方にお誘いいただき、第3回食道周術期管理セミナーに参加してきました。
品川シーズンテラス 22F コヴィディエンジャパン株式会社本社会議室にて。

私の役回りとしては、食道がん手術の麻酔管理の最近の話題を提供することでしたので、講演では肺を虚脱させる工夫や保護的換気戦略を中心にお話ししてきました。

この研究会は多職種でつくるのがひとつの特徴となっており、外科の先生方はもちろんのこと、看護師さん、理学療法士さん、歯科衛生士さん、言語療法士さんなど、多彩な発表があり、とても勉強になりました。

フレンドリーな雰囲気も、とてもよかったです。

2019年1月19日土曜日

PICC 説明会

医局会のあとで、株式会社メディコンによる末梢挿入式中心静脈カテーテルイントロデューサーキット「パワー PICC」の説明会がありました。

上肢から挿入するので、意識下での挿入の際には内頸静脈や鎖骨下静脈アプローチにくらべて、患者の恐怖心はかなり小さくなるのではないかと思いました。

実際の挿入にあたっては磁場と心電図を指標にカテーテル先端を適切な場所に誘導するそうで、シミュレータを使って挿入のデモが行われ、けっこう盛り上がりました。

2019年1月3日木曜日

箱根駅伝の応援

今年も箱根駅伝の応援に行ってきました。

読売新聞社前はものすごく混んでいるうえに通行規制があった(写真上)ので、最後の直線の三越前駅あたりで待ち受けることにしました。
昨年とほぼ同じ場所ですが、昨年はガード下で日陰で寒かったので、今年はなるべく暖かそうな場所を選びました。

目的はもちろん、J 大学の選手を撮影して、このブログに載せることです。
去年はバッテリー切れの憂き目にあったので、今年はモバイルバッテリーも持参しました。

i-phone のカメラを6倍のズームにして、すごいスピードで通過する選手を撮影するのは、けっこう集中力を必要とします。
それでもなんとか東海大学の選手をはじめとして、7大学中6大学の選手の撮影に成功しました。

次はいよいよ J 大学の選手です。
いい写真を撮ろうと思って一歩前に出たのですが、これが裏目に出ました。

自分の前で旗を振っていた中央大学 OB と思われるおじいさんが私の横に位置することになったので、その旗が私の顔にビシビシ当たります。
文句を言う時間はなく、「負けるかー」と思って目をカッと見開き、シャッターを切ったのですが、写ったのはなんと警備の警察官!
結局、2年続けて失敗しましたー。

失意の中で訪れたのが、箱根駅伝展(写真下)。
販売されている大学グッズが順位の順番にきちんと並べられていたのですが、順位が変わるたびに(かどうかはわかりませんが)店員がいちいち並びかえていたと想像すると、ちょっと笑えました。